PCにインストールされたソフトの脆弱性を一括調査する「Secunia PSI」が日本語化
「Secunia PSI」は、PCにインストールされたアプリケーションの情報と、同社のデータベースとを照合し、脆弱性が含まれているバージョンが存在するかどうかを一括調査できるソフト。最新版のソフトではないと判定された場合には、“ダイレクトダウンロードリンク”からワンクリックでセキュリティパッチを導入したり、最新版の公開サイトへアクセスできるのも便利。

Secunia PSI、なかなか便利そうですね。
使えそうなソフトでしたので、試しにインストールしてみました。
関連記事

SYS-2-MALLOCFAILのエラーログ

 23, 2009 00:23
2年くらい運用していた機器で、突然メモリ関係のエラーを出力しはじめました。


-Process= "HyBridge Input Process", ipl= 0, pid= 63
-Traceback= 14B8DC 19CE04 E6654 C6B60 C9724 C18B8 3A9040 374AE0
Aug 15 19:36:78.149: %SYS-2-MALLOCFAIL: Memory allocation of 1616 bytes failed from 0xC1170, alignment 4
Pool: I/O Free: 109856 Cause: Memory fragmentation
Alternate Pool: None Free: 0 Cause: No Alternate pool
関連記事
直径が従来の半分、軽量でエコなLANケーブル、IIJ子会社が開発
「エコパッチ:eco-patch」は、従来のケーブルよりも直径を約半分に設計しているため、スペースが限られているラック内などでの配線作業に適しているという。


19インチラックにL2/L3SWを大量に設置する場合、ポート数がある程度を越えると
LANケーブルが多くなりすぎて、ラック内のとり回しが困難になったりするんですよね。

配線の仕方によってはラックの扉を閉めるのが困難になったり・・・
関連記事

ACLの設定しすぎでAcl Tcam Fullとなる

 18, 2009 18:42
既に900行程度ACLを設定済のCatalystに、数行ACLを追加したところ
下記のようなログが出力されました。

%ACLMGR-3-ACLTCAMFULL: Acl Tcam Full! Sofware Forwarding packets on Output label 10 on L3

ACLが多すぎてハードウェア処理できないのでソフトウェア処理しますよ、という意味なのだろうなと
思いググったらCiscoのシステムメッセージガイドのページに似たような記述を発見。
関連記事
ユーザーが制御できない「秘密cookie」、半数強のサイトが利用
「Flash cookie」は通常のcookieとは異なり、ブラウザのセキュリティ設定ではコントロールできないという。研究チームが大手サイトによる同cookieの利用実態について調べたところ、調査対象としたサイトの半数以上がFlash cookieを使ってユーザー情報を保存していることが判明した。

Flash cookieなる存在を初めてしました。
(正式にはLocal Shared Objectと言うらしいですが)

以前は、Flashを利用する機会などは無かったのでインストールしていなかったのですが、
サイトトップページがFlashしかないページもあったりするようので、仕方なくインストールして
使っています。

Flashは結構脆弱性を突かれるポイントになったりと、なんだかなあと思ったりして。
関連記事


WHAT'S NEW?