NTTのニュースリリース
NTT東日本は、「フレッツ光ネクスト」の新たなメニューとして、最大通信速度が下り(ダウンロード)200Mbpsの「フレッツ 光ネクストファミリー・ハイスピードタイプ」及び「フレッツ 光ネクストマンション・ハイスピードタイプ」(以下、本サービス)を平成21年10月1日(木)より提供開始します。

マンションタイプは光配線方式のみでVDSL方式は対象外となっており、
自宅の環境では残念ながら利用できません。

ニュースリリースの注釈にもありますが、最大速度で利用するにはちょっと敷居が高めですね。
関連記事

Tag:フレッツ 光ネクスト

ユーザからの問い合わせがあり、undisclosed-recipients:という宛先のスパムメールについて
問い合わせがありました。

undisclosed-recipients:でググってみたら以下の情報を入手

http://support.microsoft.com/kb/182987/ja
Outlook Express で受信したメールの宛先欄に、"Undisclosed Recipients" と表示されていることがあります。これは、メッセージの差出人が宛先の電子メール アドレスを入力する際に、BCC (Blind Carbon Copy) ボックスのみを使用し、[宛先] ボックスには何も入力していない状態で送信していることを意味します。

他にも検索をかけて調べてみたところ、undisclosed-recipients:となるのは
特にoutlook限定、という事ではないようです。


関連記事
アクトビラなど「IPv6対応が難しい」
デジタルテレビをIPv6に対応するためにネットワーク経由でファームウエアを更新する方法が考えられるが、「古い機種はハードウエアのリソース不足などの原因で、ファームウエア更新ができない可能性がある」という。

IPv6にそれなりに力を入れている日立辺りが、アクトビラを最初からIPv6対応にさせるようなシステムにしていたら日立を見直した所ですが特にそうでもないようで。

家電の部門とネットワーク機器を作っている部門の横の連携が出来なかった結果、という事なのでしょうけれど、日立はもっと部署をまたいだ横のつながりを持たせる気はないのでしょうかね。
関連記事

Tag:IPv6

シスコ,IOSの深刻な脆弱性に対するパッチをリリース
Cisco Systemsは主力製品であるCisco IOS(Internetwork Operating System)にある複数のセキュリティホールを修正するパッチ群をリリースした。このバグによって,企業はサービス拒否(Denial of Service:DoS)攻撃やセキュリティポリシーが迂回されてしまう攻撃にさらされると警告している。

インターネットに接続しているインターネットVPN用ルータ(1812J)が該当していなかったら、
とりあえず放置しておこうかなと思っていたら

http://www.cisco.com/JP/support/public/ht/security/107/1071762/cisco-sa-20090923-ipsec-j.shtml
IKE で証明書による認証が設定されている Cisco IOS デバイスはこの脆弱性の受けます。
IPsec を使用する場合、IKE はデフォルトで有効になります。

むむむ。
関連記事
MSの無料ウイルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」,まもなく正式公開へ
個人的な感想としては,筆者は6月以来,複数のマシンで同製品を利用しているものの,他のウイルス対策ソフトウェアとは異なり,あまり目立たず,静かに(バックグラウンドで)大半の作業を進めるスタイルが気に入っている。


Microsoft Security Essentialsの日本語版は同時に登場するのでしょうか?
確か記憶では、ベータテストで日本は除外されていた記憶がありますが・・・

軽くて、ウイルス検出率が高いようなら乗り換え検討してもいいかなと思います。
関連記事

Tag:ウイルス対策



WHAT'S NEW?