ホテルのネット環境からWOLで自宅PCをたたき起こした後、リモートデスクトップで接続をしようとしたところ何度やっても失敗したので、もしかしてPCが起動中にハングアップしたのかと考えたりもしたのですが、ポート制限かと思い試しに通信カード経由でアクセスし直してみたら、問題なく接続に成功。

予想通りポートの利用に制限をかけていたようです。
関連記事
今度泊まりがけで出張をするためにホテルを予約した後、無線LAN環境が無いことに気づきました。

これまではノートPCがあったのでLANの口さえあれば困らなかったのですが、今は暇つぶし用にiPadがあるため、ネット接続用には無線LAN環境も必要だったかなと。
関連記事

netperfのオプション設定方法

 24, 2012 22:44
netperfによる通信負荷テストで速度が出ないなぁと思っていたのですが、オプションをつけたら速度が出るようになりました。

C:\>netperf-2.1pl1.exe ?
getopt: illegal option: ?

Usage: netperf [global options] -- [test options]

TCP/UDP BSD Sockets Test Options:
-D [L][,R] Set TCP_NODELAY locally and/or remotely (TCP_*)
-h Display this text
-m bytes Set the send size (TCP_STREAM, UDP_STREAM)
-M bytes Set the recv size (TCP_STREAM, UDP_STREAM)
-p min[,max] Set the min/max port numbers for TCP_CRR, TCP_TRR
-r bytes Set request size (TCP_RR, UDP_RR)
-R bytes Set response size (TCP_RR, UDP_RR)
-s send[,recv] Set local socket send/recv buffer sizes
-S send[,recv] Set remote socket send/recv buffer sizes

For those options taking two parms, at least one must be specified;
specifying one value without a comma will set both parms to that
value, specifying a value with a leading comma will set just the second
parm, a value with a trailing comma will set just the first. To set
each parm to unique values, specify both and separate them with a
comma.
関連記事
Catalyst 3750Xを2台導入したのでスタックを組んでみました。
(単にスタックケーブルを接続するだけですが)


接続後Catalyst 3750Xのコンフィグを見ると

  interface GigabitEthernet1/0/1
  ~~
  interface GigabitEthernet2/0/1

となっており、スタック構成になっていることを確認できます。
関連記事

Catalyst 3750Xをセットアップしていたら

crypto pki trustpoint TP-self-signed-****
enrollment selfsigned
subject-name cn=IOS-Self-Signed-Certificate-****
revocation-check none
rsakeypair TP-self-signed-****
!
!
crypto pki certificate chain TP-self-signed-****
certificate self-signed 01
・・・

とコンフィグに表示されて、ちょっと邪魔。
関連記事


WHAT'S NEW?