OSPFを使い机上計算通りにルーティングが回るのか確認をしようとした際に、検証に利用できるルータの実機が足りなかったので、Dynamipsの存在を思い出し使ってみることにしました。

DynamipsはCisco IOSをエミュレートしてPC内で仮想環境を構築可能かアプリで、動作させるにはIOSが必要となります。

公式HPを久しぶりに見たら2008/4/20で開発が止まっており、そのためかよく使うCisco1812には対応していません。

手持ちの機器ではCisco2600シリーズに対応していたので、2621XMのIOSを使って五角形のネットワークを構築してospfを走らせてみました。

関連記事
ファーストサーバ障害、深刻化する大規模「データ消失」

まとめられていて、障害概要はよく分かりました。

ただファーストサーバが起こした障害の根本原因は(ファーストサーバからの説明が無いので)分からないのですが、最終報告で何処まで説明されるのでしょうかね。

関連記事

standby 1 track 1 decrement 20

 21, 2012 23:32
Cisco892Jを弄っていたら、HSRPの表記が変わっていて一瞬焦りました。

これまで通りHSRPを設定

892J#conf t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
892J(config)#interface vlan 1
892J(config-if)#standby 1 ?
authentication Authentication
follow Name of HSRP group to follow
ip Enable HSRP IPv4 and set the virtual IP address
ipv6 Enable HSRP IPv6
mac-address Virtual MAC address
name Redundancy name string
preempt Overthrow lower priority Active routers
priority Priority level
timers Hello and hold timers
track Priority tracking

892J(config-if)#ip address 192.168.254.253 255.255.255.0
892J(config-if)#standby 1 ip 192.168.254.254
892J(config-if)#standby 1 preempt
892J(config-if)#standby 1 track gigabitEthernet 0 20
892J(config-if)#
関連記事

Tag:HSRP

BGP利用拠点でAS番号を重複させる場合、キャリア網側のルータでoverrideオプションをつけてもらわないと、CEルータ(こちらのルータ)のLANアドレスが配布されないようです。

今までBGP利用拠点の開通の際は、こちらが全く意識せずにいたため、AS overrideのオプション項目の存在すら知りませんでした。
関連記事

Tag:BGP


NTTデータがOpenFlowコントローラーを独自開発、2012年内に発売
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120609/401221/


数年後辺りにOpenFlowが普及して、Ciscoの技術が陳腐化しそうな気がひしひしと。


関連記事

Tag:openflow



WHAT'S NEW?