基本的にはsh runで確認すれば終わりなのですが、EtherChannelを設定追加したところ、追加分だけで別表記になっていて気になったので。


◆switchport trunk allowed vlan add 640でVLAN640を追加

sh run
・・・
interface Port-channel3
switchport
switchport trunk allowed vlan 30,45,70,124,145,160,165,192,195,199,200,600
switchport trunk allowed vlan add 640
switchport mode trunk



switchport trunk allowed vlan 30,45,70,124,145,160,165,192,195,199,200,600,640になるのかと思ったのですが、
switchport trunk allowed vlan add 640と別の行で記載れています。
設定VLAN数が多いからでしょうか?



以下のコマンドでtrunkを通るVLANを確認出来ました。

#sh interfaces port-channel 3 trunk

Port Mode Encapsulation Status Native vlan
Po3 on 802.1q trunking 1

Port Vlans allowed on trunk
Po3 30,45,70,124,145,160,165,192,195,199,200,600

Port Vlans allowed and active in management domain
Po3 30,45,70,124,145,160,165,192,195,199,200,600

Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
Po3 30,45,70,124,145,160,165,192,195,199,200,600
関連記事
先月、ふるさと納税をしました。

きっかけは、TVでふるさと納税についての番組を見たというのが第1の理由。

ふるさと納税の存在は知っていましたが仕組みを知らなかったので、活用すると特産品が貰えたりするなどの情報を知り、今年は確定申告が必要な事もあるため、せっかくなのでしてみる事に。


いくつかの自治体のサイトを覗いてみると、Web上の手続きで全て完結できる自治体や、確認のため電話連絡をいれる自治体など様々です。


電話対応は面倒なので、Webで完結でき特産品として肉を貰える自治体をチョイス。
(貰える特産品を眺めていたら、無性に肉が美味しそうに見えた)


WEBフォームで申し込み
→振込口座情報がメールで自動返信
→ネットバンキングで振込
→メールで受領報告(振込から2日後)

あとは寄附金受領証明書の到着と、特産品まち。
ただ特産品の方はしばらく待たされるようです。
関連記事


WHAT'S NEW?