Cisco C891FJ-K9 (revision 1.0)

 19, 2014 21:43
検証機としてCisco C891FJ-K9を1台導入。

・背面に電源スイッチ復活

Cisco892Jのときは、電源スイッチがありませんでしたが、C891では復活。
電源OFF/ONする際にコンセントを抜き差しするのはどうかと思っていたので、戻ってよかった。


・無音
起動しても音も振動も無く、スリットから内部を覗いて見てもファンが見えません。(ヒートシンクは見えました)
ファンレスに変更でしょうか。

ギガが9ポートも搭載しているのに、排熱は大丈夫なのか、若干心配。
高負荷状態にして様子を見てみようかと思います。
関連記事

ネット不正送金、新種ウイルス2万件超 世界の8割が日本標的
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1409/17/news054.html


Windows Updateとか、アンチウイルスの定義更新は実施していますが、万全とは考えていませんし感染リスクは避けられないと思うので、オンラインバンキングなどお金を扱う際だけに使う、専用の仮想PCを作りました。

Windows7のライセンスも数個余ったままでしたので、有効活用。

これで仮想マシン上でメールを利用しなければ、利用するオンラインバンキングのページ自体が改ざんされない限り安全でしょうかね?

他に感染が考えられる経路としては、アプリのアップデートサーバが攻撃を受け、アップデートと称してPCにウイルスを送り込む事例が最近ありましたから、ブラウザのアップデートファイルが改竄された場合くらいかな、思いつくのは。


ただそこまで気にするとキリがないので、オンラインバンキング自体使うな、って話になりますね。
関連記事
SMARTalk for Androidの駄目な点。
・圏外に移動した後、圏内に戻っても通話可能な状態に自動で復帰しない
=相手からの着信を受けられない

端末の相性のせいかもしれませんが、少なくとも利用しているスマホで使えないので、アプリとして実用に耐えないと判断。

代わりにcsipsimpleを使ってみることにしました。

設定についてはググって以下のサイトを参考に。

http://wert44.blogspot.jp/2013/07/csipsimple-g-call050.html

http://www32.atwiki.jp/ipsmart/pages/24.html


たまーに使うことがあるので、待受も出来ない状態だけは解消したいですね。
リモートでスイッチにログインして、STPの設定変更をしていたところ、通信が止まりました。


 spanning-tree vlan 10-30,100,130 priority 8192
 を
 spanning-tree vlan 130 priority 16384

 と一部VLANのプライオリティ変更を実施


50秒ほどで収束するかなと思っていたら5分経過しても復旧しないので、現地に電話してSWを再起動してもらいました。

ルートブリッジの設定を変更するときは、現地で作業しないと危険ですか。

すぐ復旧すると思っていたので現地に待機をお願いしておらず、人が捕まらないまま翌日までずっと応答がない状況だったらと思うと・・・
(定時後に作業実施していました)
関連記事


WHAT'S NEW?