パケットキャプチャする為のCatalystのミラーポート設定

 19, 2009 19:23
パケットをキャプチャする為に、リピータハブ(いわゆる馬鹿ハブ)を使わない場合、
Ciscoではミラーポート(SPAN)の設定で特定ポートにパケットを転送させます。
■fastEthernet 0/1へ転送されるパケットを、fastEthernet0/2へミラーリングする場合

session numberは1としています。


Switch(config)#monitor session 1 source interface fastEthernet0/1
Switch(config)#monitor session 1 destination interface fastEthernet0/2
Switch(config)#end

設定の確認

Switch#show monitor session 1

なお、モニタするポートのパケットの方向(送信/受信)も指定可能です。

Switch(config)#monitor session 1 source interface fastEthernet0/1 [both | rx | tx]

・モニタする方向
both(送受信両方)
rx(受信のみ)
tx(送信のみ)

COMMENT 0


WHAT'S NEW?