連続してインターフェイスがアップダウンすると、リンクフラップエラーでポートが閉じるらしい

 19, 2009 21:24
%LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface FastEthernet0/1, changed state to down
%PM-4-ERR_DISABLE: link-flap error detected on Fa0/1, putting Fa0/1 in err-disable state

link-flap errorってなんだろう、と思いググってみたところ引っかかりました。

リンクフラップとは、インターフェイスが継続的にアップとダウンを繰り返す状態との事。

具体的には10秒間で5回以上フラップすると、Ciscoではインターフェイスを
errdisabled状態に切り替える動きををするようです。

Catalystと繋がった対向機器のLANポートの調子がおかしく、
リンクダウン/アップを繰り返すとポートのシャットダウンがかかりました。

他によくある原因は、ケーブルの不良、設定ミス(デュプレックスのミスマッチ)などが
あるみたいですね。

COMMENT 0


WHAT'S NEW?