ユーザがコントロール出来ないFlash cookieと、対策用アドオンBetter Privacy

 13, 2009 11:21
ユーザーが制御できない「秘密cookie」、半数強のサイトが利用
「Flash cookie」は通常のcookieとは異なり、ブラウザのセキュリティ設定ではコントロールできないという。研究チームが大手サイトによる同cookieの利用実態について調べたところ、調査対象としたサイトの半数以上がFlash cookieを使ってユーザー情報を保存していることが判明した。

Flash cookieなる存在を初めてしました。
(正式にはLocal Shared Objectと言うらしいですが)

以前は、Flashを利用する機会などは無かったのでインストールしていなかったのですが、
サイトトップページがFlashしかないページもあったりするようので、仕方なくインストールして
使っています。

Flashは結構脆弱性を突かれるポイントになったりと、なんだかなあと思ったりして。
Flash cookie対策としては、FirefoxのアドオンでBetter Privacyというのがあるようです。
そこで試しにBetter Privacyを追加してみました。

デフォルトではOptionの設定項目でAuto-delete Flash cookies on application exitに
チェックが入っているで、特に設定を変更しないでもFirefox終了時に
Better PrivacyがFlash cookieを削除してくれるようです。

ですので英語のアドオンですが、使い方で困ることは無いと思います。

Better Privacy

ここでチェックを入れないと、終了時に毎回、Flash cookieを削除するのかを
問い合わせるようでしたので、鬱陶しい場合はチェックを入れてOKボタンをクリックすれば完了かな。

COMMENT 0


WHAT'S NEW?