機能制限なしで90日間試せる“Windows 7”仮想ディスクイメージが提供開始

 16, 2009 22:33
MS、機能制限なしで90日間試せる“Windows 7”を仮想ディスクイメージとして公開
体験版で利用できるWindows 7は企業向けの最上位版“Enterprise Edition”の英語版だが、初期設定で地域やタイムゾーンの設定を日本にすれば、日本語のアプリケーションも問題なく動作し、MS-IMEによる日本語入力や漢字変換も利用できることを編集部にて確認した。

先立ってWindows7のISOイメージでの評価版を提供していましたが、仮想ディスクイメージのVHDファイルでの評価版を新たに提供するようです。

ただし、ISO版と違い英語版だけとなっている点が若干ネックでしょうか。

まあ、ISO版は実機にインストールして使うので気軽に試せない事を考えれば、Virtual PCの仮想環境上で利用できる今回のVHD版の方が扱いやすそうではあります。

ただVirtual PCではDirectX関係をサポートしていなかったと記憶しているので、画面効果などをフル機能を利用するには、VirtualBoxを使った方がよさそうです。


個人的に遊びで使っている仮想環境はVMwareなのでVMware版もあれば、と思ったりしました。
マイクロソフトが競合相手にわざわざイメージを提供するとは考えにくいので、やっぱりもう一個仮想環境を用意しておくべきでしょうかね。

それとももしかして、VHDイメージをVMware用に変換すれば動いたりするのかも?
(ぐぐったらNHCという変換ツールが存在するようですし)

COMMENT 0


WHAT'S NEW?