PVST+で動作している環境で、MSTへ移行の設定

 05, 2009 18:38
PVST+ から MST へスパニング ツリーを移行するための設定例


MSTとPVST+を暫く混在させる必要が出来たので、上記の設定例を参考にテスト環境を作って確認してみました。


■概略構成
MST2.jpg


■SW2の設定
spanning-tree mst configuration
instance 1 vlan 10,20
name TEST
revision 1
exit
spanning-tree mst 0-1 root primary
spanning-tree mode mst

■SW3の設定
spanning-tree mst configuration
instance 1 vlan 10,20
name TEST
revision 1
exit
spanning-tree mst 0-1 root secondary
spanning-tree mode mst
SW2にMSTの設定をしたところ、各SWへのPINGが通らなくなりましたのでsh spanning-treeで状態を確認。

(一部省略)
MST0
Spanning tree enabled protocol mstp
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Type
------------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa0/1 Desg BKN*200000 128.1 P2p Bound(PVST) *PVST_Inc
Gi0/1 Desg BKN*20000 128.9 P2p Bound(PVST) *PVST_Inc

MST1
Spanning tree enabled protocol mstp
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Type
------------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa0/1 Desg BKN*200000 128.1 P2p Bound(PVST) *PVST_Inc
Gi0/1 Desg BKN*20000 128.9 P2p Bound(PVST) *PVST_Inc


stsがBKN*となっていることから、孤立してしまっているようです。
なぜだろうとCiscoのページを確認しましたが、疑問に答えるような記述は見つけられませんでした。

show logで確認すると以下メッセージが出ていて、vlanのインターフェイスが落ちている事も確認できました。

*Mar  1 09:02:31.003: %SPANTREE-2-PVSTSIM_FAIL: Blocking designated port Fa0/1: Inconsitent superior PVST BPDU received on VLAN 10, claiming root 8202:xxxx.xxxx.xxxx
*Mar 1 09:02:31.020: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Vlan10, changed state to down


情報と経験不足だったので、確認を諦めて2台目を設定したところ、あっさりと通信を確認。
しかし状況からみてMSTを動作させる場合は、最低限MSTを理解する機器2台が繋がっていないと駄目という疑惑が浮上しました。

つまりSW3が障害発生したらSW2に繋がった機器は全滅という事になるのでは?、とSW3を落としたところ案の定SW2が元の孤立状態になりました。

実際の運用上は、MSTでの複数台のループ構成とPVST+でのループ構成を混在させるので、機器が1台落ちた程度では問題ないのですが、この事は念のため覚えておいた方が良さそうかも。

やはりMSTの動作について理解してから運用を開始するべきですね。

もうちょっと調べようかと思います。
(動作させるだけならそれでいいのですが)

Tag:MST PVST+


COMMENT 0


WHAT'S NEW?