リモートデスクトップのセッション数の制限を解除可能なUniversal Termsrv.dll

 06, 2009 11:30
Windows7/Vista/XPのリモートデスクトップのセッション数制限を解除する「Universal Termsrv.dll Patch」
Windows7/Vista/XPの32bit版(x86)と64bit版(x64)の両方に対応するこの「Universal Termsrv.dll Patch」を使えば、このセッション数制限が解除され、複数ユーザーでハイスペックマシンに同時ログインして同時に使用するといった夢のようなことも可能になるというわけです。

Universal Termsrv.dll はマイクロソフト非公式の勝手パッチのようなので、使用は自己責任でということになりますが、使えるなら便利そうですね。

リモート操作関係のツールで軽くてパフォーマンスがいいのはリモートデスクトップなので、同時ログイン数の制限だけがネックでしたから。

ところで、これを導入すればローカルで操作の継続も可能なのでしょうか?
リモートデスクトップでログインした瞬間に、ローカル側が強制ログアウトされてしまう仕様も解除できるのなら結構使ってみたい機能ではあります。

マイクロソフトが同時セッション数の制限を解除する機能を標準で提供してくれれば一番いいのですが、逆にこのUniversal Termsrv.dllを無効化するバージョンアップをしてきそうで怖いかも。

Tag:リモートデスクトップ


COMMENT 0


WHAT'S NEW?