arrowhead、順調に稼働中

 04, 2010 15:57
「世界に冠たる株式売買システムが誕生した」東証の斉藤社長
東証が株式売買の新システムを全面稼働、処理性能600倍に
東京証券取引所は2010年1月4日、株式売買システムを刷新し、新システム「arrowhead」を稼働させた。午前9時20分時点で、システムは順調に稼働しているという。

日中、株取引の板を眺めていましたが特にトラブルなく大発会が終了したようです。
東証の関係者(と富士通?)はほっと一息を入れている頃でしょうか。

ただ、株の取引量自体は少なかったようですので、まだまだどうなるかは分からないですけれど。

日経平均反発、昨年来高値を更新 終値108円高の1万654円
東証1部の売買代金は概算で7079億円(速報ベース)だった。〔NQN〕 (15:05)

売買代金が1兆円を割り込むくらいの少なさだと負荷テストにもならなさそうといった感じです。

とは言っても、ライブドアショックの時のようにパニック的な投げ売りにつながるような事態が発生しても、それはそれで困ります。
投資家が株で損を溜め込むと、日本経済にいい影響は出ませんからね。

COMMENT 0


WHAT'S NEW?