Ciscoのコンフィグ圧縮

 04, 2009 09:00
NVRAM容量が少ない機器でコンフィグ行数が多い場合、
設定の保存できないという事象が発生する事があります。
(現在では搭載メモリが増えた為か遭遇する事は稀でしょうか)

対処法:コンフィグの圧縮を行う
Router(config)#service compress-config

ACLを大量に設定する場合に一番起こりやすいかと思います。
圧縮する事による制限はとく無かったかと記憶していますが、
念のためと検索をかけていたら、もっと詳しく解説している方がいらっしゃったのでリンク

コンフィグの圧縮
http://blogs.dion.ne.jp/nw_engineer_and_lawyer/archives/7979602.html

コンフィグをFlashメモリから読み込ませる方法もありましたね。
すっかり失念。

なお設定を入れる事による制限は、圧縮を解凍しながらの起動となる為に起動が遅くなる事のようです。


Tag:NVRAM コンフィグ


COMMENT 0


WHAT'S NEW?