メディコンの劣化?で、通信速度低下

 06, 2012 23:06

光ケーブルで接続している建屋からの通信速度が非常に遅いという報告を受け、Catalystのインターフェイス情報をチェックしたところ、input errors、CRCエラーがかなりカウントアップされているのを確認しました。

35315 input errors, 493 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored

メディアコンバータを導入してから5,6年以上経過しているので、劣化が生じている可能性を考慮して予備品と交換すると、input errorsなどのカウントアップが止まったので原因はメディアコンバータにあったようです。

完全に通信が途切れてしまうような状態ではないため、現地からの連絡がない限りはずっと気が付かなったかと思うと、生死監視以外の何かしらの検知手段の必要性を感じました。

input errorsの値がある一定の閾値を超えた場合にメールで通知できる仕組みがあればいいのですが、SNMP等で実現できないでしょうかね。

COMMENT 0


WHAT'S NEW?