韓国のサイバー攻撃の通信元誤認のあれ

 25, 2013 22:32

「中国のIPアドレス」は誤り、接続元は組織内――韓国サイバー攻撃

>本来はグローバルIPアドレスである101.106.25.105を、農協ではプライベートIPアドレスとして使用していたために、今回の誤認が生じたようだ。


入社後の初めての業務で、グローバルIPをローカルに割り振っている会社を担当した事があったりしたので、
「ああ、ネットワークの教科書に書いてあるような事は、社会では無視されるんだな・・・」と悟りました。

きっと今回の発表に至った際に調査を担当した人は、グローバルIPアドレスをまさかイントラ内で利用するとは夢にも思っていなかったんでしょうね。


インターネットへの接続が当たり前になった現在、社内のイントラネット内でグローバルIPを使っていれば、ルーティングが面倒くさいことになると思うのですが、きっと今更変更するのは大変という理由で放置されていそうです。

COMMENT 0


WHAT'S NEW?