ガラケーからスマホに乗り換えたら月額が安くなった

 29, 2013 11:11
乗り換えにあたり
・モバイル利用は今の時点ではあまりするつもりはないので月額は抑える
・電話も待ち受け専用でいいので月額は抑える

(携帯を持つ意味が無いぼっちなんですが、流石に実家と連絡をとる手段を残しておく必要があったり、たま~に大学時代の友人と飲み会をしていたりするので、完全に手放すのもどうかなと)


◆回線

月額を現状と同じ1000円前後にターゲットを絞ると、3大キャリアのスマホのプランは検討の余地すらなくなるので、必然的にMVNOから選択。


・ビッグローブのWi‐Fiほぼスマホ
月額2950円(通信費込み)で通信費は980円なので、端末代金は(2950-980)×24=47,280円。
LTEで月1G使えるプランですが、前述の通り通信を積極的に使う予定はないので魅力にはならず、端末代金が高いので選定から外す。


・DTI、IIJ、楽天、OCN
980円前後で横並びかと思ったら、DTIのServersMan SIM LTEは490円と格安でした。
ただ追加オプションを利用しないと150kbps制限固定です。

150kbpsあればIP電話もギリギリいけるかなとServersMan SIM LTEをとりあえず契約して使ってみることに決定。

家の中で通話する限りはwifiで接続すれば良いですし、オプションを利用すればブースト可能なので。



◆IP電話

・FUSION IP-Phone SMART、050 plus、ServersMan 050

FUSION IP-Phone SMARTが月額料金0円なので、これに決定。
ServersMan 050の方が回線との相性は良いかもしれないですが、電話をあまり使う予定がないので音質については割とどうでもいいという判断。


◆スマホ本体

選定基準
・Android4対応
・動作がもっさりしない
・2万円以下

SONYとかサムスンは中古でも高いなとAmazonで眺めていたら、LGのL-01Dが目につきました。


L-01D
・安い(Amazonで新品13,800円)
・Android 4にバージョンアップ可能
・そこそこのスペック(デュアルコア、解像度1280×720等々)
・セルスタンバイ問題もないらしい?
・テザリング対応
・LTE対応
・SIMフリー対応可(ドコモに持込が必要)

他に候補となりそうな機種がなかったので、L-01Dをポチッと注文。

使用してみて概ね満足していますが、気になった点もいくつか。

◆L-01D不満点
・無線APがESS-IDステルス設定していると、無線LANに繋がらない。(L-01Dに手動でSSID設定してもNG)

・無線の接続を外れた状態で、スリープ中に無線LAN圏内に移動しても無線LANに繋がらない。
スリープ解除して無線LAN設定項目を表示させるとやっと繋がる。
(スリープ中も無線LANを使う設定にしています)

・無線LAN経由でネットにアクセスすると、すごい勢いで電池が減っていく(1分1%くらい)
Nexus7で同じサイトを見ても全くそんな事がなかったので、少々びっくりしています。
 Nexus7(2013) 4325mAh
 L-01D     1800mAh
バッテリー容量以上の差を感じるので、CPUの省電力機能の差なのかな。

・フルHDでの動画撮影が汚い(PC上の再生で確認。1280×720で撮ると普通に綺麗)

・Web閲覧時にやや引っかかる(Nexus7と比べると)

この辺りは我慢するしか無いかな。


◆FUSION IP-Phone SMARTの音質
wifi経由でFUSION IP-Phone SMARTを試してました。

相手(固定電話)の声はクリアに聞こえます。
相手にはこちらの音声はたまに途切れ、聞き取りにくいと言われましたので、LTE経由だと更に厳しいかも?



◆結論

・月額490円(+ユニバーサル料金)
・初期費用 端末代13,800円 DTI 手数料3,150円

ちょっと電話とネットが出来ればいいやという環境では十分です。




COMMENT 0


WHAT'S NEW?