VDSL2は転送速度500Mbps

 18, 2009 20:41
VDSL2の、仕様などについての情報
エリクソン、転送速度500MbpsのVDSL2技術を披露
>http://slashdot.jp/articles/09/03/17/1132238.shtml
6本の銅線を束ねて通信に用い、vectorized VDSL2と呼ばれるクロストーク除去技術によってノイズの入るポイントを抑えたことで、500mの長さの銅線で500Mbpsの転送速度を実現したという。


リンク先でも言及されていますが、電話線をそのまま利用可能なのならともかく
6芯の銅線が必要となると使い道が限られてくる技術ですね。

技術デモということなのでまだ仕様確定でないのならば、現行の電話回線を利用した技術へ
方向転換をして欲しいと思います。

建屋間の接続において配管の空きが無いや、納期が厳しい場合など
光回線の引き込みが難しい時にVDSLやADSL装置は重宝していますので
より安定性や速度が上がるのなら技術革新は大いに歓迎なのですが。


自宅でもフレッツマンションの契約でVDSLを利用していたりしますし、
光ファイバーをマンション内に引き回すのはまだまだ難しいのではないかな。

Tag:VDSL2


COMMENT 0


WHAT'S NEW?