経費削減のため、ネットブックの導入かも?

 20, 2009 19:30
PC購入費用を抑える為、ネットブックへの乗換えを検討するのでちょっと調べる事に。

メールやWEBでの管理業務をするだけなら、過剰なスペックはいらないとの判断は至極真っ当なのですが、
実際に業務で使えるものか疑問もあるのも事実。


Windows縛りがあるので、ネットブックの定義 = Windows XPのULCPC向けライセンスとほぼ同義ですね。


以下はwikiより抜粋のWindows XPのULCPC向けライセンス

・ディスプレイ14.1インチ以下(タッチパネル可)
-当初はディスプレイ10.2インチ以下、タッチパネル不可だった

・メインメモリー1Gバイト以下

・CPUはIntel AtomやVIA C3など特定の低速シングルコア製品

・ハードディスク容量160Gバイト以下/SSD16Gバイト以下
-当初はハードディスク容量80Gバイト以下

まずは液晶画面。
実際に発売されているラインナップはさておき、14.1インチ以下までフォローされているみたいです。
発売当初は7 ? 8.9インチなどの小型液晶でしたが、最近は10インチサイズがメインになっているので、
小さい画面で見にくいと苦情を受ける事はあまりなさそうですね。

メモリに関しても当初は512MBでしたが、現状の標準は1GBです。
XPで動かす限りにおいては問題は有りませんね。

CPUの性能に関しては、ウイルス対策ソフトぐらいがネックになりそうですが
幾つかのレビュー記事を読む限りはそれほど問題なさそうです。

HDDの容量はファイルサーバがあるので問題にはなりません。
SSDの寿命の話は聞きますが、速度や省電力性を求めるわけではないので
最初から選択肢から外せば済みます。

よってハードウェアの仕様からは特に問題はないみたいです。


問題はOSがHomeバージョンということで、ドメイン参加が出来ない事が先々ネックとなりそうな気配。
ADが構築されたら手間をかけてOSのバージョンアップが必要になる点をどう判断するかですね。

機器導入費用は下がりますので経費削減は確実に出来そうですが、
後々を考えると手を出さない方がシステム部としては楽そう、という事に。

Tag:ネットブック


COMMENT 0


WHAT'S NEW?