Wake On LANの使い方/設定(遠隔地からPC起動)

 22, 2009 20:15
遠隔地からパソコンを起動するためのWOLについて。
拠点での現地作業を行っている際に、普段利用しているPCを使いたくなる事があります。

 自分用にカスタマイズした使いやすい各種設定、
 メモ用のブックマークや、
 ローカルにあるメールの閲覧等々・・・

元々起動していればそのままリモートデスクトップなどで接続し、
起動していなくても平日作業の場合は、誰かに連絡しPCを起動してもらえれば済みますが、
休日作業の場合は別の手段でPCを起動させる必要があります。

解決する為の手段としてWOL(Wake On LAN)という機能があります。

事前の仕込が必須となりますが、一度設定してしまえばいつでも使えますので
準備をしておいて損はないかなと思います。

■WOL(Wake On LAN)
・WOLはリモートPCの電源を投入する技術

・マジックパケットという特殊パケットを利用する。

・基本的に起動するPCとマジックパケットを出すPCは、同一のLAN(ブロードキャストドメイン)内いるのを前提

・ブロードバンドルータが対応していれば、インターネット経由でマシンの起動も可能
MACアドレスとグローバルIPアドレスが判れば、誰でもPCを起動する事が可能に・・・

・Ciscoの場合、ip forward-protocol udp 7でWOLのマジックパケットを転送可能との事(未検証)
http://www.cisco.com/JP/support/public/mt/tac/100/1005477/catl3-wol-vlans.shtml


一番手軽なのは、起動したいPCと同一セグメントに常時起動のサーバがいる場合で、
サーバからマジックパケットを送信させれば、セグメント越えの設定に頭を悩ます必要がなくなります。

現在の環境では、常時起動サーバがあるので下記手順でセグメント越えについては考慮していません。


■(起動対象)PCの設定
ローカルエリア接続を右クリックします。
WS000269.jpg

「構成」のボタンをクリックします
WS000271.jpg

「詳細設定のタブ」のWake Up Capabilitesをクリックして選択して
「値」で「Both」か「Magic Packet」を選択します
WS000272.jpg

「電源の管理タブ」の「このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする」
にチェックをいれます。
WS000273.jpg


■MACアドレスの確認
コマンドプロンプトを立ち上げ、「ipconfig /all」と打ち込みます。
Ethernet adapter ローカル エリア接続のPhysical Addressの項目が
MACアドレスとなりますのでメモを取ります。

■BIOSの設定
BIOSの設定を変更する必要がありますが、BIOSによって設定方法が違うので割愛します。
(マニュアル参照)
設定変更が終わったら、忘れずに保存して再起動を行います。

■マジックパケットを送信するソフト設定
インターネット経由での起動等を行わないので、MACアドレスだけの登録で済む
MagicSend を利用しています。

起動対象のPCがあるのと同一セグメント内のPCに仕込みます。
ダウンロードしたらMagicSend.exeを起動し、新規登録を行います
WS000275.jpg


名称は識別する為のものなので何でも構いません。
MACアドレス欄に先ほど確認したMACアドレスを設定します。
WS000277.jpg

作成された項目を選択し、左上の送信ボタンをクリックすればマジックパケットが送信されます。
WS000278.jpg


以上が基本の設定となり、問題なければマシンが起動します。
起動したらリモートデスクトップかVNC等を使い、リモートで操作を行えます。


インターネット経由でPCを起動したい場合は、更に以下の事が必要です


・無料ダイナミックDNSのサービスを利用します。
  通常契約するインターネット接続はグローバルIPが固定でない為、
  切断のたびにIPアドレスが変わります。
  そのため、マジックパケットの送信先もその都度変わりますが、リモートでは
  自宅のグローバルIPアドレスを知る手段が限られます。
  ダイナミックDNSを使う事でリモート側のグローバルIPアドレスが変更されても
  簡単に確認する事が可能になります。

・IP指定してマジックパケットを送信できるソフトを利用
  グローバルIPに対してマジックパケットを送信するので、IPアドレスを指定可能なソフトを利用します。

・ブロードバンドルータが受け取ったマジックパケットをLAN内にブロードキャストする設定

等々追加で設定が必要となります。

COMMENT 0


WHAT'S NEW?