WAN高速化装置 BIG-IP v10とBIG-IP 8900が登場

 23, 2009 20:51
F5からBIG-IPの新機種BIG-IP v10が登場しました。

F5ジャパン、アプリ配信の最適化やWAN高速化に対応した「BIG-IP v10」
http://enterprise.watch.impress.co.jp/docs/news/20090423_153624.html

今の景気減速の状況で新規導入はないと思いますけれど、
また時期を見て比較検討する必要があるのかなあと思いつつ記事を斜め読み。

>「WAN帯域が不足した場合に帯域を上げるのは簡単だが、実はそれに伴ってネットワーク機器などのリプレースが大量に発生してしまう。センター側ですでにBIG-IPを利用していれば、拠点側に1台追加するのみでよく、一番コスト効率が高い」と述べ、メリットを強調した。

これについてははどうだろう?と疑問があります。

以前ならATMインターフェイスやシリアル接続のため、ルータの交換が必要になる状況というのは
考えられましたが現在ではWAN帯域が高速化しても、ONUとルータの接続インターフェイスは
最初から10/100M対応のRJ45の口(イーサネット)なのが当たり前なので、
よほどの事がないとネットワーク機器を交換する事は少ないと思います。

メリットの強調の仕方に違和感。

Tag:BIG-IP


COMMENT 0


WHAT'S NEW?