10年前のスイッチングハブの値段は20万円也。 という話

 04, 2009 14:27
昔が高価だったものが、今は格安になっていますね。
メルコ 「LSW10/100-8」誕生物語 10年前、スイッチングハブは20万円だった

8ポートのスイッチングハブが20万円という時代は経験していないので、
当時の状況については想像するしかありません。

例えるなら、10年前くらいにPCでメモリを増設するために8MBのメモリを6万円ほど出して
買う必要があったところ、1万円くらいで突然発売されたようなものでしょうか?



それにしてもスイッチングハブが20万円もしていたとは・・・
どうりで、そこら中で8ポートの10Mリピーターハブが現役でまだ稼動しているわけですね。
10/100BASE対応のスイッチを導入していたら、相当な金額になっていたと思います。

リピーターハブを見つけるたびに、1000BASE対応のスイッチに交換しているのですが、
机の下に埋まっていてる事が多く発見するのも容易ではありません。

同軸付のリピーターハブなど、一体何年稼動しているのかさっぱりわからない代物もあったりします。

古い会社で、早くからネットワーク対応を進めていたせいか、システム部が把握しきれていない部分は
どんどんネットワークの進歩から取り残されています。

昔はどこかが統制を取ってネットワーク構築をせず、各部署が勝手に配線引き回しを行っていたようですし。

一度棚卸をしないとまずいと思いつつ、時間が取れないので絶賛放置中。
実はまずいかも(苦笑)

COMMENT 0


WHAT'S NEW?