リモートで電源を落とす拡張カードや電源タップなど

 07, 2009 19:15
リモートマシンがハングアップした際に、遠隔で電源の再起動が出来たらなと時々思うのですが
リモートで電源を操作できるソリューションはやっぱり用意されているようです。

遠隔地からハングしたサーバの電源ON/OFFやBIOS操作が可能なリモートマネジメントカード「Lights-Out 100」を使ってみた

こちらで紹介しているHP Lights-Out 100はよく見たらHPの専用拡張カードなんですね。
サーバごとに必要で定価2万4150円とそれなりの値段。

他には電源タップにリモートで電源管理が出来るオムロンの製品などがあります。
リモート電源制御装置 マルチコントロールコンセント RC1504
こちらは4台制御可能で価格は7万4340円。
電源タップ型なので特定の機器に関係無しに使用でき汎用性は高いですね。

以前WOLを使ってインターネット越しでマシンを起動して操作していた事があったのですが、
10回に1回くらいの割合でマシンがハングアップしたり、リモートデスクトップに不具合が生じるのか
ログインできなくなったりとマシンを再起動したいと思うことがよくありました。

個人的な用途でしたので、流石に数万円を出して買う気にはなりませんでしたが
業務利用で使うならありかな?

COMMENT 0


WHAT'S NEW?