PHSを使ってノートPCのHDDを遠隔消去サービスが富士通から

 07, 2009 20:32
理想は、このデータは自動的に消滅する、でしょうか?
ノートPCのHDDを遠隔消去、富士通とウィルコムが盗難対策サービスを共同開発

管理者は富士通が運営する管理サーバーにログインして、HDDデータ消去の命令を実行する。管理サーバーはPHSモジュール内蔵パソコンにデータ消去メッセージを送信する。メッセージを受けたパソコンは自動的に電源を入れ、ハードディスクの消去を実行する(写真)。データ消去が完了すると、結果を管理サーバーに返す。管理サーバーは消去の完了情報、通信するPHS基地局の位置情報を含む結果レポートを利用企業の管理者に送る。


これはいいですね。
PHSの省電力性と(割と)どこでも繋がるカバー率をうまく生かしたソリューションかと思います。

HDDの暗号化対策は企業向けノートPCは当たり前となってきましたが、それでも不安は残るので
完全に消去でき、かつ場所の特定まで出来るツールと組み合わせれば、これ以上紛失時の対策を
する必要が無いかと思います。

個人情報保護法が施行されたのと前後して、ノートPCを持ち歩くのに煩雑な手続きが必要となり
色々と不便を感じる一ユーザとしてはこの状況を改善して欲しいなあと願いつつ、
月額で契約が必要なサービスだと経費削減で採用される事はないんだろうなぁと半分諦めモード。

Tag:PHS


COMMENT 0


WHAT'S NEW?